相続税金を減らす方法を考える

相続税金を減らす方法を考える

親族が亡くなった際に遺産を受け取る事になったけれど、相続で支払う税金が想像以上に高くて、受け取れたはずの遺産がほとんど無くなったという人も珍しくありません。
遺産を受け取る側が支払う金額を減らすためにも、節税の知識を事前に学んでおく必要があります。まずは税理士などの専門家に相談をしながら、申告の方法を決めておかなければ、数百円以上も損をする事になりかねません。
特に効果的なのが生前贈与で、亡くなった後に遺産を受け渡してもらうよりも、生きているうちに財産を受け取った方が出費を減らす事ができます。
年間110万までの贈与であれば、贈与税なども支払わずに済んでお得です。相続の際に渡す事になる税金を減らしたいのであれば、親族が生きているうちから贈与に関する相談をしておく事をおすすめします。
生きているうちに遺産に関する話をするのは嫌だと感じる人もいますが、相続の手続きの大変さや税金の高さに苦しむぐらいであれば、早い段階で話し合いを済ませた方がトラブルも発生しにくいと考えてください。

相続を放棄する場合には期限が存在することに注意

相続を放棄する場合には期限が存在することに注意

人が亡くなるとその配偶者や子などが遺産を相続することになりますが、残された遺産がプラス財産かマイナス財産かをみると良いです。実際にプラス財産を継承しますが、当然にマイナス財産をも継承することにもなってしまいます。
そこで遺産がプラス財産よりマイナス財産の方が多い場合には、借金の相続を避ける上でも放棄をすることが適切な方法です。
ただこの放棄をする上では期限が決まっており、民法915条1項によれば「自己のために相続があったことを知ってから3ヵ月以内」となります。
その期限を過ぎてしまうと一切、放棄を行うことができなくなり、借金を継承してしまうことになるため注意が必要です。
もっとも手続きには期限内に家庭裁判所で申し立てを行うことで可能で、所定の手続きを行う形で行います。
もちろん期限を過ぎてしまった手続きが知らなかった、期限のことを知らなかった場合には相続放棄をすることができず、それで多額の借金を抱えてしまった場合には当事者は債務整理を行わなくてはなりません。

「相続税」
に関連するツイート
Twitter

所得に対して税率や社会保険料が厳しい日本だけど、資産に対しての課税も相続税や贈与税以外でも行われるようになったらいよいよ出国しないとな、まじで 国民民主党が資産税を検討してるってことはほかの党もいけると踏んでるってこと


Warning: Undefined array key 1 in /home/gv12002051/ketoweightloss-plus.com/public_html/inc/twitter.php on line 23

Warning: Trying to access array offset on value of type null in /home/gv12002051/ketoweightloss-plus.com/public_html/inc/twitter.php on line 23

まあ素人仕事なので税務署からダメ出し食らうかもですが。 親からの相続税を払うなんて基本、生涯中に最大2回しかない稀少な機会なので、むしろ是非とも自分でやってみたい気持ちはありました。家裁行ったりするのも、それまで自分に縁の無かった世界を覗いてみたいという気持ちが多め。


Warning: Undefined array key 2 in /home/gv12002051/ketoweightloss-plus.com/public_html/inc/twitter.php on line 23

Warning: Trying to access array offset on value of type null in /home/gv12002051/ketoweightloss-plus.com/public_html/inc/twitter.php on line 23

今後の増税 ・退職金非課税の引き下げ ・相続税の強化 ・金融所得税の引き上げ ・ ・ ・


Warning: Undefined array key 3 in /home/gv12002051/ketoweightloss-plus.com/public_html/inc/twitter.php on line 23

Warning: Trying to access array offset on value of type null in /home/gv12002051/ketoweightloss-plus.com/public_html/inc/twitter.php on line 23

2022年以来、母の介護と相続の絡みで行ったとこを並べると 司法書士事務所、家庭裁判所、弁護士事務所、税務署、都税事務所、法務局。 相続税の申告は自分でした。物件数が多いうえに岩手県にも財産持ってて面倒なんだけど税理士に頼る程の高額じゃないっていう半端さ。根性キメて自分でやりました。


Warning: Undefined array key 4 in /home/gv12002051/ketoweightloss-plus.com/public_html/inc/twitter.php on line 23

Warning: Trying to access array offset on value of type null in /home/gv12002051/ketoweightloss-plus.com/public_html/inc/twitter.php on line 23

返信先:累進課税然り、支え合いとかいう耳障りの良い言葉をやめてほしい。累進課税+所得制限で2重苦、3重苦している層は相続税対象になる可能性高いと思いますよ。 毟り取られる側には何が返ってくるんですか? 「支え合う」んだから何かしらメリットがあるはずだけど、なんのメリットも感じない。