相続時にかかる税金

相続時にかかる税金

相続時に税金がかかるのはお金持ちに限られていました。
しかし法律が改正されたことによって、対象者が増えています。
2015年1月から相続税が改正されています。
それまでは基礎控除が5000円と、相続人の人数×1000万円でした。
改正後は「3000万円+人数×600万円」になりました。
全国的に見るとまだまだ1割にもなりませんが、東京都などは高所得者が多いので20%以上の人が対象になってしまうと言われています。
例えば、母親と子供2人がいた場合には、「3000万円+1800万円=4800万円」が基礎控除の金額となります。
改正前なら8000万円の基礎控除があったことになるので、大きな変化です。
現金や貯金などはそのままの金額で評価されますが、土地などは控除が適用されます。
そのため、現金をそのまま持っておくよりも賃貸マンションなどを建てることで節税になります。
しかし、賃貸マンションを購入することにはリスクもあるのでしっかりと考えるべきでしょう。
専門家に相談をするのが一番ですが、信頼できる専門家を選ぶようにしましょう。
3000万円以上の資産を持っている人は全国的に見るとそれほどの割合ではないので、まだまだ多くの人は相続時に税金を気にしなくてもよいという状況です。

相続したお金は所得に含まれるのか?

相続したお金は所得に含まれるのか?

親族が亡くなった後、亡くなった方の遺産を相続した場合、そのお金は一定額以上ある場合には相続税という税金がかかりますが原則として所得には含まれないため、所得税の確定申告は不要です。
これは他人からお金の贈与を受けた場合も同じです。
遺産の相続や贈与については一定額以上の金額の場合はそれぞれ別の税金がかかってくるため、二重課税の防止の面からも所得には含まれませんが、土地や建物を引き継いだ場合は引き継いだものを売却した時や、そこから家賃収入などを得た場合には申告が必要になります。
引き継いだものを寄付した場合や亡くなった年に手術などで多額の医療費を支払っている場合には節税の観点から確定申告すると便利です。
還付申告については任意となっています。
遺産相続や贈与などで得たお金は、翌年の国民健康保険の金額に加味される事もないため、特に仕事の収入がほとんど無い方の場合は一年だけ急激に保険料が跳ね上がる事もないのでこの部分は非常に助かります。
あらかじめ遺産が多額になる事が分かっている場合は、年間110万円以下の個人贈与には一切の税金がかからないため、少しずつ先に贈与しておくと遺産分配時の節税にもつながってくるため理想です。

遺産相続とは分かりやすく言うと何かについて

遺産相続とは、故人が残した財産や権利、義務を、残された人たちが引き継ぐことです。
相続の対象となる財産にはプラスのものとマイナスのものがあります。プラスのものは、預貯金や不動産、不動産などが挙げられます。一方マイナスのものにはローンやクレジットカードの未決済分、医療費や水道光熱費の日払い経費などが挙げられますので、これらの財産を引き継いだ場合は相続した人が弁財する義務を負います。
財産を引き継ぐ順位は法律で定められており、また民法によって割合も定められています。第1順位は配偶者になり割合は全体の2分の1、その次に亡くなった人の子供で人数の頭数で割ります。その次は故人の直系尊属である父母や祖父母、その次が本人の兄弟姉妹になり、人数の頭数で割ることになります。したがって、死亡した人から見て第2親等までの親族が法定相続人になります。財産を受け取る権利のある人が複数いる場合は、手続きで揉める可能性があるので、専門家に依頼することも考慮すると良いです。

親族で相続を行うときの遺産分割の2つの注意点

遺産を抱えて亡くなった人がいた場合、特に遺言書などの被相続人の意思表示がなかった時には、法定相続を行うことになります。
ただ、親族はここで2つのポイントを抑えておかなくてはいけません。まず、権利を有している人は必ずその割合で遺産を継承しなくてはならないわけではないという点です。遺言などで取り決めがなかったときは、権利者同士で話し合いを行うことで遺産を分割できます。
この遺産分割の協議で決定された取り決めは、法律的な効果を発揮できますので、法律で規定されている通りに必ず分配しなくてはいけないわけではありません。そして、もう1つ重要なのは相続権利者は必ず資産を継承しなくてはいけないわけではないという点です。仮に、自分にとって不都合なものが存在する場合には、他の親族にそれを譲ることも可能です。権利そのものを放棄することが可能で、それだけではなく一部の財産だけを受け継ぐこともできます。
ですから、相続権利者は様々なことを想定して手続きをしなくてはいけません。

不動産を相続したときには特別な評価方法がある

亡くなった人から相続した財産が現金や預貯金であれば、額面そのものがはっきりとしているため、相続税の計算をするのも容易です。ところが不動産を相続した場合には、まずはその財産がいくらの価値をもっているのかを計算して求めなければ次のステップには進めません。
対象となる土地が都市部にある場合には、道路に面する土地ごとの単価として国税庁が毎年発表している路線価に基づいて、単価に土地の面積を乗じて評価額を計算します。実際には間口が狭すぎる土地や奥行が長すぎる土地などの使い勝手のよくない土地もありますので、その場合には補正をして評価額を減額することになります。地方にある土地の場合は路線価が決まっていませんので、同じく国税庁が発表している倍率表をもとに、市町村が定めた固定資産税評価額にその倍率を乗じて評価額を求めます。建物の場合には通常は固定資産税評価額そのものですが、アパートや貸家などとして利用されていた場合には、借地権割合を適用して評価額を減額します。

相続した財産を分け合う場合の合意形成の方法とは

亡くなった人が生前に所有していた財産は相続人のものになるとはいっても、その内容は多様であることがほとんどですので、共有状態ではなにかと不都合なことがあります。
もちろん民法のなかでは亡くなった人との親疎による一定の割合が決まっていますので、法律の規定をそのまま踏襲することは可能ですが、不動産や自動車のように複数の人間が分割して利用することが実際には難しい財産も存在します。それよりも一人ひとりがどのような財産を取得するのかを決めてしまい、それぞれで分け合うほうが得策です。たとえば家や土地は配偶者のものとするかわりに、現金や自動車は子どもたちが受け継ぐことにするといった決め方があります。この場合の合意形成の方法としては、遺産分割協議がまず挙げられます。これは相続人全員が集まって話し合いをし、そのなかで各自の取得する財産を決める方法です。後日の証拠として遺産分割協議書を作成し、それぞれ署名捺印しておきます。

相続問題は終活の重要なテーマであることを認識する

最近では、亡くなる前に様々な身の回りの整理を行う終活を行おうとする人が増えていますが、意外と忘れがちなのが相続に関する様々な手続きです。亡くなってから様々な財産の扱いに遺族が困ってしまうことも多く、特に不動産などの簡単に分割することができないものはその取り扱いに苦慮してしまうことが少なくありません。そのため事前に相続の問題を解決しておくことが重要となります。 生前贈与は、相続問題を解決する上で非常に便利な方法となっています。またその方法によっては大幅に減税をする事ができるばかりでなく、様々なトラブルを防ぐ上でも非常に効果的な方法です。本人がいなくなった後で遺族が様々な問題を抱えてしまう事は非常に多くなっており、またその税金の問題も大きくなることがあるので、この点は事前に十分に注意をしておかなければなりません。 終活と言うと自分の身辺整理にばかり注目してしまうことが多いものですが、相続に関する問題もしっかりと考慮し、解決しておくことが大切です。

相続問題を解決するには様々な期間があることに注意が必要

多くの人は相続を行う場合、法律に従って親族に均等に分与するのが最も良い方法と考えています。この場合には親族間のトラブルも少なく、また公正に取り扱うことになるので、不平不満が起きにくいと言う面も少なくありません。しかし実際にはそれぞれの事情があり、様々なトラブルを発生させてしまうこともあるので注意が必要です。 特に問題となるのは、親族で音信不通の人がいる場合の扱いです。この場合にはその親族を除いて分与をすることが多いのですが、法律では遺留分請求と言う権利が認められており、その期間が限られてはいるものの、1部の財産を相続することができる権利を有しています。基本的には本人がなくなってから一定期間内にその請求をしないと無効となってしまうものですが、これは亡くなったことを知って空となることに注意をしなければなりません。本人が音信不通の場合にはそのことを知ることができない場合も多く、そのため後から請求をされることもあるので、十分に注意をすることが必要です。

相続の生前対策についての紹介と重要ポイント

相続は生前に対策をすることで節税にもなります。また、借金などマイナスな要素がないかも重要なポイントです。別の視点として、病気で本人が動けなくなったり、認知症により訳が分からなくなるリスクもなくなります。さらに、みんなで話し合って方向性を決めておくことで将来的に争議にならないのです。節税対策として、不動産に変換することで、土地を購入したりマンションのオーナーになるといったことがあります。加えて、生命保険を充実させることで、のちに補償を得るという考え方があります。次いで、生前に、現金を一定の額定期的に分配するといったことも可能です。法律家による無料相談やコンサルティングを受けることで最適なプランを描くことが可能です。弁護士がこのようなサービスをしているため問い合わせすることがポイントです。相続の生前対策は間違った方向もあり、法に触れてしまうと追徴課税が取られてしまうため、よく理解して行動することが重要です。

遺産相続のトラブルを避けるために遺産分割協議書は大変重要です

両親や兄弟姉妹、配偶者などの身内が亡くなると相続が開始されますが、相続人が多く土地や建物などの資産がある場合はトラブルが発生することがあります。 建物や土地、預貯金、株式などの資産がある場合は、相続が複雑になりがちなので遺産分割協議書を作成することが大事です。 地元で評判の高い法律事務所を選んでおくと、相続問題に詳しい弁護士が在籍をしています。 初回の場合は電話や店頭などの相談は無料の所が多いので、まずは不安や悩みを聞いてもらうと良いでしょう。 遺産分割協議書は大変重要な書類になるので、法律事務所の弁護士が正しい書き方などを指導してくれます。 以前は資産の多いご家庭がトラブルになることが多かったですが、現在は5千万円以下の資産の場合でもトラブルが発生することが多いです。 弁護士のアドバイスを受けておくことで、家族間のトラブルを未然に防ぐことが出来ます。 遺言書などの正式な書類がある場合は、事前に用意をしておきましょう。

相続税は税理士に依頼することをおすすめします

相続をするときに手続きをおこなってくれのが行政書士になります。行政書士は遺産分割協議書などの書類の作成業務やアドバイスなどをおこないます。登記に関する相談をおこなうのが司法書士になり、裁判所に提出する書類作成も代行できます。遺言書の検認や遺言執行者選任申立などさまざまな手続きをすることができます。紛争案件などもめごとに発展した場合には、弁護士に依頼する方法もあります。弁護士は、トータルで手続きをすることができます。税理士が相続に関することでおこなうことができる業務の範囲は限られていて、相続税の申告業務になります。しかしほとんどの場合には税金がかかることがないので、税理士にお願いしなくても済むのですが、3600万円以上の相続財産がある場合には、税の申告が必要になってきます。3600万円以上だからといってすぐに税金が課せられるわけではないので、基礎控除額がいくらになるのかを確認する必要があります。

相続する際調停で解決する勝率は異なります

遺産分配トラブルの回避方法について、遺言書の活用があげられます。遺言書を作成しておいて、遺産分配を指定しておくと相続人が後で頭を悩ませることがありません。遺産分配トラブルに発展した場合、調停や裁判など裁判所手続きを利用する人が多いです。調停で解決したケースも多く、調停で解決する確率は6割ほどです。和解で解決する確率は8割で、裁判になった際勝率はそれぞれの状況や弁護士によって異なりますが、多くのケースでは話し合いで解決できたことが分かります。調停などでは必ずしも弁護士を立てることはありませんが、実務経験のある弁護士に依頼すると裁判での勝率を上げる可能性や、調停が早い段階で纏まることが多いです。専門家に相談するとスムーズにトラブルに対処することができます。相続の時は協議による遺産分割がよく行われており、遺産分割協議の分配分は法定相続分と言う目安もありますが、これはあくまで目安です。相続人すべてが納得すれば、事情に合わせて柔軟な采配が可能です。トラブルに発展するケースもありますが、発展しやすいケースや回避する方法なども合わせてスムーズな手続きを目指しましょう。

売買契約履行前に相続が発生した場合に契約はどのような扱いになるのか

売買契約を締結してから履行が完了するまでの間に、売主か買主のどちらか一方が死亡してしまった場合は、契約上の地位、つまり当事者としての義務と権利は法定相続人に承継されます。これは、民法で定められている規定が根拠となっています。 売主が亡くなった場合は、所有権と買主に対して売買代金を請求する権利の両方が法定相続人に移ります。不動産の場合は、所有権の買主への移転など、さまざまな義務も承継されることになります。買主が死亡した場合は、売主に売買代金を支払う義務や、不動産の所有権移転を求める権利の両方が法定相続人に移ります。 複数の者が共同で相続をする場合も、売主の死亡時は売買代金の支払いを共同で受けることになり、契約上の義務も共同で履行しなければなりません。買主の死亡時も同様で、契約上の地位が対象者全員に承継されることにより、所有権移転を請求する権利を共同で取得する一方で、売買代金の払い込み義務は全員で履行しなければなりません。

相続財産を相続人が受け取らず放棄をする場合

相続の財産と言えば、プラスのイメージがあります。つまり相続財産を得ることによりたくさんのお金を手に入れることができるといったイメージです。ですが、実際には相続財産を終えたからといって必ずしもお金が入るとは限りません。不動産が手にしたいといった問題ではなく負債を手に入れてしまう可能性もあると言うことです。具体的に述べれば、相続する場合には、財産を入手することができますが、もしそれが借金だった場合は借金を手にすることになってしまいます。 わざわざ好き好んで借金を手に入れたいと考える人がおらず、できればもらいたくないものと言えるかもしれません。この場合には、放棄をすることも可能です。どのようにして放棄をするかと言えば、事前に放棄をする旨をお知らせておく ことが大事です。例えば弁護士が間に入っている場合には、弁護士に付けておくべきです。しかも期限が決まっており、 亡くなったことを知った時から3ヶ月以内と言うことになっています。通常親族であれば、亡くなったことを知っているためその日から3ヶ月以内に放棄することを告げることが必要です。

相続に関する疑問がある場合には法律事務所に相談する

これから相続が行われる場合や、近い将来相続が行われる可能性があるとすれば自分たちにお金が入ってくる可能性があります。そう考えれば、ある意味魅力的な仕組みになりますがただ問題はそれだけではありません。自分の親が借金をしている場合には、そのまま引き継ぐことになり借金を返済しなければならなくなるわけです。このように、プラスだけでなくマイナスを請け負うことになることも考えておかなければ、のちに大変な事態に陥るでしょう。 相続は、法律に基づき行われるため法律に関してほとんどの知識がない人にとっては、疑問が多い仕組みになります。疑問がある場合には、弁護士に相談をするのも1つの方法です。法律事務所に行くことや、弁護士に相談する事は敷居が高いように感じるかもしれません。ですが最近は、初回の30分間は無料で相談できる仕組みなどを整えている事務所も多いため、まずは相談をして問題解決の一歩を踏み出すことも必要です。

相続する時必須となる内容は頭に入れておこう

相続が発生した場合には、具体的にどのような行動したらよいかわからない人も多いです。実際にその知識があるか過去に同じようなことを経験していれば問題ないものの、多くの人は初めての経験で知識もないはずです。このような時、基本的な行動だけは頭に入れておいた方が良いです。法律を全て頭に入れる必要はありませんが、その方法を知っておくだけで随分と行動パターンも変わってくるでしょう。 ぜひ覚えておきたい内容の1つが、基本的に相続人で等しく分割をすることです。これは必須では無いものの基本としては3人の相続人がいた場合には3人で平等に分配することになります。ただし、最低限知っておきたいことの1つが相続をする場合放棄をすることも可能であることです。例えば借金を引き継がなければならないとすれば、わざわざそのようなことを好んでする人はいないはずです。その時には放棄をすることも可能であることを知っておいた方が良いかもしれません。

養女の相続権の有無や実子との違いについて

養女を含む養子にも相続権があります。法律上において実子と同じ扱いを受けるので、相続分も実子と同じです。
養子だからといって、不当な扱いを受けることはありません。民法では、配偶者と子供は1対1の相続分を受け継ぎますが、子供が複数人いる場合は2分の1をさらに人数分で平等に分配します。養子もこの分配に含まれるのです。ただし例外もあります。実子と同じになるのは、夫婦が共同して養親子関係を結んでいる場合に限られます。つまり、夫婦のうちどちらかとしか養子縁組をしていないときは実子の2分の1となります。これは、民法の第900条4号のただし書に明記されています。そして相続における最低限の分け前である遺留分についても、実子と同じ権利を有します。そのため遺留分が侵害されたときは、その遺留分に相当する金銭を要求することが可能です。なお養子には、普通養子と特別養子がありますが、どちらにも同等の権利が認められています。

相続は法定相続人に対して継承されるのが基本

相続の手続きを行うときには、誰に対してどの程度に継承を行うのかということを考えなくてはいけません。ここで重要になるのが、法定相続人という存在です。
実は、相続は民法によって定められた規定によって手続きを行っていかなくてはいけません。ここで規定されているのが、法定相続人と呼ばれる存在です。民法で書かれている通りの割合で継承しなくてはいけませんので、その配分をもらうことができる人達を指しています。例えば、配偶者は亡くなった人のすべての権利を継承することができる存在で、そこに子どもがいればその半分の割合で手続きを行っていきます。このような配分の割合に関して、きちんとした明記が存在するのが相続の特徴です。もちろん、これが全てというわけではありません。遺言書が残っていたり、遺産分割協議などで話し合いを行えばこの配分を変えることも十分に可能です。ただ、こういった話し合いや遺言書などが存在しない限りは法定相続になりますので、この違いを理解して手続きを進めていかなくてはいけません。

遺族感の対立を防ぐ!相続をスムーズにする3つのポイント

親族であっても思いの違いを乗り越えられない場面は、少なくありません。遺産をどうするかといった問題は古くから続いており、これらを避けるため、前から相続をスムーズに継承する終活に力を入れる方も増えています。親族間の対立を防ぐのに欠かせないポイントとなっているのは、所有する財産の確認、お金の動きを把握できる財産管理、意志の明確化の3つになります。
所有する財産の把握では預貯金や有価証券等を整理しましょう。使用していない銀行口座やただ持っているだけになっている有価証券などを把握し、処分しておきます。次に痴呆症リスクに備えて後見人や代理人を指名する場合は、親族にお金の動きがわかる形にしておくことも大切です。
資産を相続するさいには誰に対してどんな資産を相続させるのかを明確にしておきましょう。長男や長女には実家を、次男や次女などの兄弟には預貯金をというように明確にしておくと対立を防げます。
相続をスムーズにするには遺産の処分に関して自分の意志をまとめておくことも重要です。
はんこや通帳などをひとまとめにして金庫や銀行の貸し金庫に預けておくと探す手間を省けます。

相続は素人が間違いやすいポイントを熟知することが大切

相続は多くの人が一生に1度の経験であるため、なかなかスムーズに進めることができない場合が多いものです。最近ではインターネットの普及により、多くの人が事前に様々な情報を調べてこれに備えることが要因になっていますが、素人であるためにこれらの情報を鵜呑みにして様々な間違いをしてしまうと言うことも少なくありません。
例えば遺言状は本人の意志を伝える重要な文書となっていますが、法律上は定められた手続きを踏んで作成しないと正式なものとは認められず、無効になってしまうため注意が必要です。
さらにこの場合でも親族は一定の相続を申請することで認められる遺留分請求等もあり、この内容を熟知していないと様々なトラブルが発生することになるため注意をしなければなりません。
相続を行う際には、遺族が混乱しないように事前に専門家などに相談し十分な準備をすることが大切です。
また相続を受ける側も法律に詳しい専門家などに相談し、税金の問題を始め十分にその心構えをしておくことが円満に進めるポイントとなっています。

ごまかした相続遺産があった場合の取扱いについて

親類や親などが亡くなって、遺産を相続するようなことが生じる場合があります。その際には、いくつかの法的な手続きを行う必要が出てきますが、その手続きは大変面倒で時間がかかるものです。
いくらかのお金などを既に故人から受け取っていた際、そのような複雑さを絡めて相続遺産の金額をごまかすすというような事例も出てくる場合があります。
そのようなことが生じた場合には、遺産分割をやり直すということが行われます。ごまかした遺産分まで含め、全てを俎上に乗せてもう一度分割協議を行うことが必要です。
これについてはきちんと行わないと、税務署によって告発され処罰されることとなります。様々の調査から、税務署は議論されていない遺産を見つけることがありますので、十分な注意が必要になってきます。
申告されていない遺産が見つかった場合には、税金の追加徴収も行われます。自分がどのような遺産を受けたかということを知らない場合もありますので、慎重に事前の調査を行う必要があります。

経験豊富な税理士に相続の問題を相談する大切さ

全国各地の色んなエリアに税理士が在籍しているのですが相続の問題に悩まされている人は、慎重に選択しないといけません。同じように見える税理士でもこれまでに積み重ねてきた実績が違っており、優秀な人ほどたくさんの依頼や相談を受けています。
現状発生している相続のアクシデントを少しでも解消するためには、優秀な人に相談や依頼をすることが大切です。 まずはどのくらいの実績を積み重ねているのかチェックしていき、優れているのか見極めなくてはいけないです。
この時に著しく依頼や相談が少ない人は、何かの理由によって避けられている可能性を秘めています。 次に相性や費用などを比較していき、自分にとって心強い味方として頼れるのか判断するのも重要です。
性格や考え方が異なっているだけではなく、支払うお金も全然違っているので即決で判断するのはよくないです。自分が納得できる人に相談や依頼をすることによって、少しでも問題解消できる可能性が高まります。

相続の内容を知らない場合はドラマを見て参照にしよう

人間は誰でもいずれは死亡してしまい、その運命を避けることはできません。そのため自分の寿命が判明しているような場合は事前に身辺整理を行いますが、通常はその作業は残された遺族が担当することになります。
ここで問題になるのが相続について詳しい知識を持っている人がほとんどいないことであり、実際の現場は混乱してしまうでしょう。このような事態を回避するためには知識を習得するしかなく、その方法の一つにドラマの内容を参照するというものがあります。
弁護士が主人公のドラマでは、法律の記載内容についての詳細を出演者が説明する場面があります。その内容は簡素化されていることはありますが脚色は加えられておらず、その情報を生かすことができるでしょう。
それはフィクションであっても多くの視聴者が見ているということから、法律に抵触する部分に間違いがあったら大問題に発展するからです。
このような間違った認識を視聴者に与えかねない内容については、事前に専門家の監修が入っています。これは医療関係の場合でも行われていて、その内容は正しいと認識しても差し支えありません。
相続については関係者だけで解決ができなければ弁護士などに依頼するという最終手段がありますが、すぐにその依頼を受けてくれるとは限らないので、少しでも知識を習得するためにテレビ番組や映画で使われた相続の場面を視聴することも有効になるでしょう。

大事に思うひ孫に相続をさせたい時はこうするのがベスト

相続は遺言状がなければ法定相続と言って配偶者と血のつながった子供たちにされます。 その人たちが死去している場合は残っている人で分け合うのですが、亡くなった方に子供、つまり孫にあたる人がいる場合は、その方も相続の権利が生まれます。
等しく分割されてよほどの金額でない限り少額になっていく可能性も高いのですが、遺言書がなければ法律にのっとって手続きをすることになります。
ですので、いくら親交のあったひ孫に分け与えたくてもほぼ不可能となります。ですので、どうしてもひ孫にという場合は遺言書に明記すればよいのです。
ただ後々問題が起きないようにほかの相続人の方々のことも配慮して言葉を残したり、金額など具体的な財産分けを明記することで、協議はスムーズに行われます。
きちんと分けることを決めておくことで家族を争族にしないというのも大切なことです。未来ある若い人が様々な勉強をすることに投資したいと考えるお年寄りは増えています。

相続は権利がある親族すべてに確認を取ってから決める

相続の際にありがちなのが、後から権利がある親族が他に存在していることが発覚してトラブルになるケースです。
例えば不動産であれば現金化してから均等に分配し終えてしまっていたり、土地と建物を誰かが相続すると決まり既に暮らしている場合には居住権が発生している場合もあります。
そうなってしまえば新たな権利がある親族に相続による何らかのインセンティブを与えるのは難しく、それを補填する金銭を要求する裁判を起こされた事例もありました。
相続は難しい法律が複雑に関与することから出来るだけ早く面倒な手続きを済ませてしまいたいという心理が働き、実際に顔を合わせて話し合えた親族間のみで完結させてしまうことがあります。
そんな時でも一度冷静になって立ち止まり、対象となる人物はこれで本当に全てなのかを確認することが大切です。
家系図や戸籍を調査したり、親戚縁者からヒヤリングを徹底的に行うなどして後に禍根を残さないようにするのが得策です。

相続で問題になるのは現金化する前の段階と言える

親子間で相続をする場合には、様々な問題が考えられます。
具体的にどのような問題があるかと言えば、やはり金銭関係などが大きく影響していると言えるかもしれません。
例えば親が子に明け渡す場合には、たくさんの現金や不動産などを持っており、それぞれ子供たちで分割することが必要になります。
このような相続において問題になりやすいのが、まだ現金化されていないものです。
例えば元気ならば、10,000,000円のものがあるとすれば2人の相続人がいた場合5,000,000円ずつわかれば問題は解決します。
しかし、元気になっていない不動産の場合には半分に分けても使い道がないことが多くなるわけです。
この場合には、まず現金化して2人で分けるのが良いかもしれません。
問題になるとすれば、まだ抵当権等がついている場合です。
抵当権がついている場合にはすぐに分割することができないため、どちらかが完全に譲り受けて半額を片方の人に渡すかあるいは、抵当権を解消してから分割する方法が良いかもしれません。

相続に関する報酬はどれくらい。今から知っておくと慌てずにすみます。

「相続税の申告手続きはわからないし、面倒なので税理士に頼ものう、その方が簡単」と考えている方も多いと思います。では申告手続きをした場合に必要な料金はどのくらいが相場なのでしょうか。
一般的に税理士報酬の相場は遺産総額の0.5~1.0 %と言われています。遺産総額が1億円あれば、50~100万円が相場という事です。これは基本報酬とも言われ、依頼をすれば必ず必要となるものです。基本料金に加えて加算料金といって相続の内容によって必要となるものがあります。
例えば、相続人も一人とは限りません。二人目から加算となるケースが一般的です。相続人同士で感情的になる、話がまとまらないなどの事例も多いようですので、第三者である税理士に入ってもらう方が良いようです。
また、非上場の株式や土地・建物など価格の算出が必要となるケースが挙げられます。価格の評価は専門的な知識が必要となりますので、やはり税理士に計算してもらうのが無難です。
様々なケースが想定されますので、少し心配だなと思う方は今から税理士などに相談しておきましょう。

相続では遺言執行者が選任されることもある

相続で遺言が残されている場合、その内容どおりに遺産の帰属先が決まることになります。遺言者は既になくなっているので、誰がその内容を具体的に実践するのかが問題になることがあります。
例えば遺言書には財産の種類や帰属先などが明らかになっているものの、具体的手続きを誰が担当するのかも重要です。信用の置けない人に遺産の処分先をきめる一連の手続きを担当させるのは危ういというのは大いにありえることです。
このような場合に備えて、遺言執行者という制度が民法では定められています。資格については未成年・破産者以外は誰でも就任することができますが、被相続人の代理人の立場で各種の手続きを進捗させるのが職務になります。
遺言で定めることも出来ますが、決められていないときには相続人から家庭裁判所に遺言執行者の選任を申し立てることも出来ます。
具体的には遺産をもらう立場になる人が自ら申し立てることも可能で、時には弁護士などの専門職が就任申し立てをすることもあります。

相続する場合にはそれが出来る期間等がある

これから相続を考えている場合、その相続の出来る期間があることを知っておいたほうがよさそうです。具体的にどのような機関のできるかと言えば、基本的にそれがスタートした時から3ヶ月以内です。
ただ厳密に言えば、知らない間にできなくなっているのが困りますので、法律ではもう少し細かく規定がされているわけです。
具体的に述べるとすれば、3カ月間のですがその人が知った時から3カ月間と言うわけです。つまり相続が発生したことを知った時から3カ月間であり、つまり亡くなった人の存在をしてから3ヶ月間と言うことになります。
この場合、もし例えば外国などにいて音信不通になっている場合、いつでも所属ができると言うわけでは無いものの、3ヶ月以上経過したとしても問題ないことがほとんどになります。
このような規定が定められていることで、メリットはいくつかありますがやはり当事者たちの意思をしっかりと確認したいと言うことになるかもしれません。
それに加えて、曖昧な態度で金星を分配するとトラブルになりますのでそれらの制限と言う意味で期間が設けられています。

財産相続における自筆証書遺言の有効性について

遺産相続を行う際にはいくつかの方法があります。一つは遺言書などによってその分配などについて伝達を行うものです。もう一つの場合は、このような遺言書がない場合においては、法律の定めに則って財産の分配が行われるということです。それぞれの場合について、取り扱いが決められています。
遺言書により相続が決められる場合に必要な遺言書には、三つのタイプがあります。一つは自筆証書遺言で、その他に公正証書遺言や秘密証書遺言と呼ばれるもの知られています。
このような遺言書があった際、内容が常識的で本人のものであるということが証明できれば、法律による定めによって分配され事に対し優先されることになります。
自筆証書遺言とは、実際に自筆で遺言書は書かれたものです。特別の手続きも必要なく、経費も最もかからないものとなります。要件としては、自筆で書かれているということです。ワープロなどで作成したものでは無効となります。日付と名前も自筆である必要があり、捺印も必要になってきます。

相続をできるだけ簡単に学ぶならマンガがおすすめ

相続は順調に手続きができたという例もあれば、長期に解決せずに悩む人も少なくありません。遺産が多く残っていると、仲の良かった家族や親族でも不仲になってしまう可能性があります。
相続はまだまだ先と考えていても、不幸は突然起こることもありますので、将来に備えて勉強をしておくことをおすすめします。
相続については、難しいことわからないことも多く、何から学べば良いのかと悩んでいる人もいるのではないでしょうか。手軽に学べる方法では、インターネットで情報を調べることや関連の書籍を読むなどがあげられます。
書籍は一冊持っておくと、何かと役立ちますが文字数も多く普段読書をしない人は、読みづらいと感じる可能性もあります。 より手軽に相続について学ぶなら、マンガがおすすめです。
マンガなら、イラストも多く、具体的な事例もわかりやすく解説されていますので、本を読むの苦手という人も気軽に目を通せるのではないでしょうか。
紙書籍だけではなく、電子書籍も販売されていますので、ちょっとした時間を利用して勉強したい場合にもおすすめです。

いつから始まった?日本の相続制度の歴史について

相続制度の歴史は、鎌倉時代以前から始まったとされており、特に武家が政権を握った鎌倉時代以降の家督制度が知られています。
鎌倉時代には家長たる地位につくものが、複数の嫡子を相続人とする慣習が生まれ、室町時代から江戸時代までは1人の嫡子に全財産を相続する制度へと変化しており、これは明治時代の旧民法にも継承されています。
第二次大戦後は男女平等に基づいた諸子均分相続制度の導入により、1947年には旧民法が改正され翌年から家督制度と隠居制度が廃止されました。
新民法の導入による変更点としては、遺産分配対象に配偶者が加わったこと、性別生まれの順などに関係なく均等分割になりました。
さらに家の祭祀に関連する系譜・祭具・墳墓の所有権と財産を分離しているため、家を継がない遺族も遺産を受け取れるようになっています。
鎌倉以前からつづく遺産の継承では、長らく一人の嫡子のみと決められていましたが、現在では配偶者や兄弟姉妹が対象になっており、より現代的な制度へとなりました。

遺産相続で気をつけなければいけないケース

遺産相続問題は自分には関係ないと思っている人も多いと思いますが、兄弟姉妹がいないからと言って、簡単に済む問題ではない場合もあります。
親族関係にも気を付けなければいけません。また、親族の同意や証明が必要となる場合もあり、簡単に済まない場合が多いという点にも注意が必要です。
相続問題としてよくあるケースでは、親族一人が連絡がつかなく、書類が集まらない為、結果的に相続する期間が大幅に遅れてしまう場合です。
弁護士や書士を利用せずに相続しようとした結果、出すべき書類を揃える事が出来ず、また仕事やその他の用事で中々時間が取れなくなってしまい、連絡する暇もなく書類が揃わないという事もあります。
他にはきちんと段階を踏んでいない為に予想外の高額な税金がかかってしまい、支払いに追われるといったケースもある為、余程知識があったり、時間が取れる予定がない場合は専門家を挟んで、親族含め連絡する事も視野に入れておくべきです。

相続の手続きはトラブル回避のためにもプロに任せる方が無難

相続をして何らかの財産を取得すれば、それに応じた手続きが必要になります。簡単なものから厳格なものまでありますが、放置しておくと問題になる場合もあるので注意が必要です。
簡単な手続きを一つや二つする程度なら、相続した人が自分で行うことも可能ですが、複数の財産が対象になっている場合はプロに依頼する方が無難です。
悪気はなくても放置した際のペナルティを受けてしまう場合もありますし、間違えていても問題の原因になる場合があります。
特に不動産が含まれている場合は、登記手続きが必要になるので要注意です。不動産の登記手続きは非常に厳格に法律で定められていて、それに従った登記申請を行わないと却下されてしまいます。
登記申請を依頼するプロとしては司法書士がいますが、たいていは弁護士や税理士ともつながりを持っています。税金の処理を中心に考えているなら、税理士に任せることで必要に応じた専門家を紹介してもらえることが期待出来ます。

刑事罰を理由に相続の権利が喪失する事柄について

財産の相続は法律で認められた権利ですが、一方で正当な理由と認められた場合、相続の権利が喪失することもあります。権利の喪失は大別して廃除と欠格がありますが、欠格は被相続人の意思を問わないのが特徴です。
欠格になる理由として刑事罰の対象になることが挙げられます。遺言書の偽造や財産の強奪などの違法行為が発覚し、刑事罰が下された場合は欠格の対象となり、権利を喪失します。一度認定されると撤回や取り消しができないため、仮に当事者同士で和解した場合でも法律上は権利が回復することはありません。
そのため、財産を得ようとするなら生前贈与や保険金の受け取りなど、変則的な方法で行う工夫が必要になります。
欠格の理由となる違法行為は原則、財産の相続に関する事柄に限られています。交通違反など財産とは無関係の違法行為を理由に権利を喪失させることはできないとされていますが、当事者の意思が優先されるのも事実です。
反社会的な行動を理由に財産を受け取れない可能性は否定できません。

認知されていない子に遺産相続する権利はない

遺産相続では認知されていない子に遺産相続権はありません。民法では、亡くなった父親に認知した子がいるならその場合の遺産配分は正妻の子と同じです。
相続が生じた時、第1順位の法定相続人は子どもとなります。兄弟がいるなら、全員で遺産分割協議を行うのが一般的です。
海外に移住しているケースでも、遺産協議には参加するようにします。
トラブルになったなら早めに弁護士に相談すべきです。
協議で話し合いに決着がつかないと遺産配分ができません。
その点、弁護士は遺産関係のプロですので解決への糸口を提示してくれます。
謝礼は掛かりますが、ベテランの法律家に依頼した方がスムーズです。
その場合、遺言書の有無が問われることがあるので正式な書類として用意しておきます。
通常は妻と複数の子で遺産は分配されます。
妻が亡くなった場合は夫と子どもたちが受け継ぎます。
不動産に関しては弁護士でなく司法書士でも相談に乗ってくれるため、安心です。

相続対策として親などが存命中にすべきこと

親などが死亡して相続をすることになると、非常にたくさんの手続すべきことが発生します。
人によっては、数十から百以上の手続きが必要になる場合もあり、たくさんの必要書類を集めなければならなかったりします。
親が死亡することは、あまり考えたくないことかもしれませんが、死亡する前に準備を行っておいた方がいいです。
親が存命中に相続対策としてすべきことには、例えば財産目録を作っておくことがあげられます。
相続税などを算出するとき、財産がどれくらいあるのかはとても重要になってきますが、デジタル資産などの把握しにくい財産もあり、こういうのは生前に洗い出しておくのが望ましいです。
また、デジタル資産は、IDやパスワードなどをどこかに記録しておき、子孫にもそれを伝えておくのが望ましいです。
家族の来歴などを明らかにしておくことも重要です。
相続にあたって、戸籍などを集めなければならなくなることがありますが、家族の来歴がよく分からないと、集めるのに苦労します。
特に頻繁に引越しなどをしている人は、入念に洗い出しておいた方がいいでしょう。

遺産相続問題には第三者として弁護士を入れよう

身内が亡くなってお葬式を済ませると、遺族は遺産について考えなければいけません。
お金をはじめとした財産を分け合う非常にデリケートな問題であることから、簡単に話がまとまることが非常に少ない傾向にあります。
こうした時に活用したいのが、相続を得意分野としている弁護士事務所の存在です。
第三者として公平かつスムーズに話を進めてくれる存在がいれば、とても簡単に遺産相続問題を解決できます。
たとえば疎遠になりすぎて話したくない場合もかわりに話をしてくださいますし、相続前に家族のうちの1人もしくは複数人が囲い込みをしていたという時にもしっかり公平に分割してもらえるので安心です。
何より、憎しみあったり悲しい思いをしたり、腹の中を探り合ったりしなくていいので、精神的ストレスを大幅に軽減できます。
最近では初回の相談を無料で行ってくれる言語士事務所も多く、気軽に問い合わせができるのも嬉しい点です。
ぜひ一度、困る前に話を持って行ってみてはいかがでしょうか。

相続は色々なパターンをシミュレーションしてみること

相続は色々なパターンをシミュレーションしてみることで、メリットやデメリットを明確にすることができます。
分かりやすいのは相続人が持つ負債がいくらあるのかで、受けるのか受けないのかを判定するという例です。
例えば個人に莫大な借金があって相続を受けた場合、遺産以外にもその借金も含めて受け取ることになるからです。
大事なのはどのような負債があるのかを家族で共有しておくことであり、日々のコミュニケーションが結果として重要になってくると言えるでしょう。
もし負債額が資産額より上回る場合は受けない、つまり相続放棄を選択することが結果的にメリットとなる場合もあります。
トラブルにならないように生前に権利を引き継いでおくということも可能ですが、税金を免れることを目的にしないようにちゅう長期スパンで対応することと相対取引として適切に行うことが大切です。
例えば資産価値1億円の住宅を無償で子供に譲渡した場合だと、税逃れを指摘されることもあります。

相続を巡って法律が改正されたので注意が必要です

家族の誰かがなくなれば、遺産を誰が引き継ぐことになるのかを決定する必要があります。
これが相続といわれるものですが、ここ数年の間に民法という法律で大きな改正が図られました。
特に大きく変わると見られているのが、不動産登記を巡って変わった点です。
これまでは相続発生後、いつでも不動産移転登記を申請することが出来ました。
逆に言えば義務付けられるわけではなく、あくまで任意に委ねられていたわけです。
従来のこのような取り扱いは大きく変貌し、レイワ6年以降は義務付けられることになりました。
具体的にいうと遺産を所有している家族の方がなくなってから3年以内に、不動産移転登記を申請することが義務となります。
従来の民法ではいつまで放置していても特にお咎めはありませんでした。
しかし改正法のもとでは不動産登記名義を放置したままでは、金銭的制裁処分の対象になりえることが予定されています。
国内での空き家問題の深刻化などが背景に存在するとみられます。

知っておきたい相続税の算出について簡単に説明します

親の死去などで遺産を受け継いだ場合は、相続税が発生します。
これは相続人に必ずかかる税金です。
税の算出には、遺産を受け継ぐ人の人数や遺産の総額が関係してくるため複雑です。
債務や葬式費用を差し引いた金額に対して発生します。ある金額までは基礎控除があります。
この基礎控除額を超えてしまうと税金が必要ですが、基礎控除額以下であれば必要ありません。
具体的には法定相続人の数に600万円を乗じた金額に、3000万円を足したものが基礎控除額です。
また課税対象になるのは、現金や預貯金の他に株式などの有価証券です。
さらに家や土地などの不動産や、骨董品のような財産も税がかかります。
個人所有の財産は課税対象なので注意が必要です。
借入金に関しては手続きをすれば遺産放棄もできます。
尚、死亡保険金や死亡退職金でも500万円に法定相続人数を乗じた金額まで非課税です。
税理士や司法書士の専門領域ですが、家族で紛争になった場合は弁護士に相談すると良いです。

相続の手続きに関与する専門家のはどのような職種か

相続では馘首手続きを進捗させていく必要があり、なかには専門知識を前提にすることも珍しくありません。
自己解決が難しいとき、頼りになる専門家を御紹介します。 ・司法書士は遺産の中に家や土地などの不動産が含まれているときに関与するタイミングが多いといえます。
当事者に対立が存在しないことが前提で、不動産登記名義を移転するときは迅速に対応してくれるのを期待できます。
・弁護士は関係者の間に、対立関係があるときに依頼することになります。
弁護士はあくまで一人の依頼者の代理人になるので対立関係が厳しいときは、相互に弁護士をたてて進捗させていく必要があります。
・税理士は相続税課税ラインにあるときは、依頼することになります。
基礎控除3000万と子ども一人当たり600万を合算した金額を超えるときには税理士に相談するのがおすすめです。
・土地家屋調査士は、遺産の中に家が含まれているとき未登記であることが発覚したときに、依頼する専門家になります。

親族がいないときに相続はどのような形になるのか

遺産を残すことは誰でもあると考えられますが、相続をする場合は親族の存在が重要になります。仮に親族がいない場合は、相続をする相手がいないので困ってしまうかもしれませんが、遺産を残す人物が特別に仲良くしている特別縁故者に遺産を残すことができますから、そのような人物を見つけておくといいかもしれないです。
しっかりと関係性を証明するための資料などが必要になりますから、実際に親族がいない状態で困っている場合は早めに準備をしないといけません。相続をすることで相手に遺産を残すことができますから、自分の遺産を無駄にすることがなくなります。
地方公共団体などに寄付することもできますから、どのような形で遺産を相続したいのかを早めに決めておくのが大切なことになるはずです。
寄付であれば実際に社会貢献にお金が使用されるケースもありますから、自分が生前に残したお金を有効活用することができますから、親族が存在しない場合でも諦める必要はありません。

相続人が海外にいる場合の手続き方法について

転勤や留学、移住などによって海外で生活する人が増えていますが、相続人が日本にいない場合どのような手続きをしたらいいのか悩んでいる人がいるのではないでしょうか。
まず初めに知っておくべきことは、日本にいなくても相続できるという点です。しかし日本にいる人と同様の手続きを行う必要があるので、遺言などが用意されていない場合は、遺産分割協議をしなければなりません。
遺産分割協議とは相続する人全員が遺産について協議する場のことで、日本にいない場合は直接会うことが難しいので、電話やメールなどを活用して話を進めていくことになります。さらに遺産分割協議では、遺産分割協議書を作成しなければなりません。
遺産分割協議書は全員が署名して実印を押印する必要がありますが、郵送で一人ずつ回して署名押印することも可能なので、海外の人でも手続きすることができます。
ただし日本にいない場合、印鑑証明や住民票が抹消されているのでこれらの書類がない状態です。そのような時は印鑑証明書の代わりとしてサイン証明を行い住民票の代わりに在留証明書を提示すれば大丈夫です。

相続等遺言書の関係をよく理解しておくことが大事

相続とは、亡くなった人の財産や権利が、法律に基づいて、特定の相続人に引き継がれることを言います。
一方、遺言とは、本人が生前に自分の死後に残した財産についての指示や希望をまとめた書類のことです。
遺言書は、法律に基づく相続に優先して適用され遺言に基づいて財産分割が行われます。
遺言を残すことで、本人が自分の財産についての意思を明確に示すことができます。
例えば、親族以外の人に財産を遺贈したい、特定の人に特別な取扱いをしてほしい、財産分割の方法を法定相続と異なる方法で行いたいといった意思を遺言によって示すことができます。
また、遺言を残すことで、遺産分割に関する争いやトラブルを未然に防ぐことができるわけです。
遺言を残すためには、成年後見人や弁護士などの専門家に相談することが望ましいでしょう。
遺言は、特定の形式を満たす必要があり、法的に有効なものでなければなりません。
遺言を残すことで、受け取る財産が減少することになる場合があるため家族や親族との話し合いも必要です。
個人の状況や意思によって異なるため、一概にどちらが優れているとは言えません。
ただし、遺言を残すことで、自分の意思を明確に示すことができ争いやトラブルを未然に防ぐことができるため、これに関する問題が生じた場合には遺言を残すことを検討することが望ましいでしょう。

相続の節税対策について、最低限のことを知っておきたい

相続とは、故人が所有していた財産や資産を法律に基づいて適法な人に分配することを指します。
相続は、遺産分割協議書を作成して合意する場合もありますが遺言がある場合は、遺言に基づいて相続分配が行われます。
遺言とは、故人が生前に自分の財産や資産について自分の意思に基づき分配を決める文書のことです。
遺言には、手書きで記載された公正証書遺言や秘密証書遺言などがあります。
自筆証書遺言は、本人の署名や日付があれば法的に有効ですが公正証書遺言は公証人が立ち会って認証するためより法的な保障があるかもしれません。
秘密証書遺言は本人が直接手渡しや封筒などによって秘密にしていた遺言で、法的な有効性が認められるためには、一定の手続きが必要です。遺言を作成する際には、まず相続人を決定し、財産や資産をどのように分配するかを具体的に明記することが重要です。
また、遺言を作成する際には、法的な効力を保証するために、遺言書には署名や日付を明記し、証人の署名も必要です。
遺言には、多くの法的なルールがあり、節税に関することも理解しておきましょう。
特に、その財産が34,000,000円を超える場合は注意が必要になります。

相続の話し合いがうまくいかない場合はどのように対処するのか

相続の話し合いは、親が元気なうちにしておけることが理想的です。
元気なうちに話ができれば、どのような財産があるのかを知ることができますし、どの財産を誰に受け継がせたいなどの希望を聞くこともできます。
とはいえ、親が乗り気でない場合は生前ではうまく話せない可能性もあります。
被相続人が亡くなったあとに家族や親族で話し合いをするのであれば、四十九日が済んだころが向いています。
タイミングは特にいつというわけではなく、円満に話せるのであればもっと早い段階から進めていくこともできます。
遺産の分け方を決めるためには、全員で話し合う必要があります。
相続人全員の同意がないと合意も無効になりますので、全員揃ったところで話すようにしましょう。
相続人全員で遺産の分け方を話し合う手続きを遺産分割協議と呼びます。
遺産分割協議がスムーズに進まない場合は、弁護士など専門家のサポートを受けることも考えていきたいところです。
専門家が介入してくれることで、スムーズに遺産分割協議が進むことが期待できます。

相続が泥沼化する理由とそれを避ける方法とは

親が亡くなると必然的に発生するのが相続ですが、遺言書に不備があったりそもそも作られていないと、泥沼化してしまうのではないでしょうか。
遺言書があって誰もが納得できる内容なら、相続について揉めることはないはずです。
しかし被相続人に対する故人の贔屓が見られたり、相続割合が極端だったりすると、泥沼化の様相を呈することになります。
特に誰かかが独り占めするかのような取り分で、他の人たちが受け取る割合が少ない、あるいは殆ど受け取れない人が出てくると大変です。
一度揉め始めると解決に時間がかかったり、関係が悪化することになりますから、問題を発生させないことが何よりも重要です。
未然に防ぐにはしっかりと内容を考えた遺言書を作成すること、財産の目録を作って誰に何を譲るかを明記することです。
特定の誰かに大きく譲りたいなら、理由を添えて遺言書を残すことが大事です。
既に発生してしまった問題を早期に収拾させるには、こうした問題に詳しい弁護士に相談して間に入ってもらい、話し合いを重ねて解決を図ることが大切ではないでしょうか。

相続によって再建築不可物件を所有するには注意が必要です

相続で引き継ぐことになった住宅が、再建築不可物件だった場合、その後は建て替えを行うことができない法律があるので慎重に決めるということはかなり重要です。
相続では高額査定になることは少ない物件になるので相続税に関しては気にする必要性はないものの、用途をしっかりと考えてから決断することが必要です。
例えば隠れ家的な第二の自宅として使う用途や、賃貸で貸し出しを行う方法、カフェ店のように古風なデザインを生かして店舗経営を行うなどアイデア次第では用途を見い出せる可能性はあります。
ところが用途が全く決まっておらず、そもそも再建築不可物件から遠く離れた地域で生活を送っている方などの場合では、相続を受けるタイミングで買取りを専門に行っている不動産会社をインターネットから探し出して低料金であっても売却をする方法も選択肢としては悪くはありません。
専門会社の場合では、再開発をしたり近隣の用地買取りで対応するなど、現地調査で査定を出すので頼れる存在になるのではないでしょうか。

違法建築の建物を相続しても大丈夫かどうかを解説します。

親が亡くなると、親が所有していた土地建物を承継することになります。当該土地建物の相続手続きをしている時に。
対象不動産が違法建築であることが判明する場合もあります。違法状態と聞くとパニックになられる方も多いと思います。
そこで、違法状態の建物を相続しても大丈夫かどうかについてここでは解説します。まずこのような状態の建物であっても名義変更は可能です。
不動産登記においては当該物件が存在しているかどうかが登記の要件であり、違法かどうかは問わないからです。
一方違法状態をそのままにしておくと、売却をすることが困難又はできたとしても低額でしか売れないという事態が起こりえます。
何故なら、違法建築の建築物については住宅ローンの審査を通さない金融機関がほとんどだからです。従って、資産価値は大きく下がるものと考えて良いでしょう。
また建築基準法上の是正命令の対象となりえますので、最悪の場合取壊しを要求されることもあります。よって、このような建築物を相続した場合、早急に売却するか是正するか検討しましょう。

相続の無料相談はまず司法書士に連絡を入れましょう

親から譲り受けた不動産の相続手続きをしたいけれど、お金がかかりそうで心配という方は、司法書士事務所に相談してみることをお勧めします。
司法書士は相続のエキスパートですし、初回の場合はたいてい無料相談ですので、一定時間内であれば色々なことを尋ねたり、相続の手続きをアドバイスしてもらうことができます。
また司法書士の場合、報酬もそれほど高額ではありませんので、手続きのすべてを任せてもそうお金はかかりません。
特に不動産の相続は、2024年から義務化されますので、今からでも事務所に連絡を入れて、無料相談の予約を入れるようにするといいでしょう。ただし親族の間でトラブルになりそうな場合は、司法書士ではなく弁護士に連絡を入れて、予約を入れるようにしてください。
弁護士の場合は有料相談となることが多いですが、トラブル解決を考えた場合は、やはり法のエキスパートである弁護士に依頼をしておくと、様々な点でメリットがあるのは事実と言えます。

相続で違法パターンを理解して正しい手続きをしよう

相続では、法律に違反している状況もあります。そのため、必ず法律手続きを済ませる場合には確認しなくてはいけません。
違法パターンの典型的なモノでは、相続財産を違法に隠したり税金を故意に免れたりするものが存在します。そもそも、相続割合は法律で決められていますので、遺産はその通りに分配しなくてはいけません。
そうしないと、公平な観点から権利者が利益を得ることができなくなるからです。同様に、税金面についても故意に免れるようなことをすると罪に問われます。継承した遺産の分だけ計算をしていかなくてはいけませんので、正しい計算を行うためにも遺産を隠したりすることは決して許されません。
ですから、相続があるとわかった段階でまずはどの程度の財産が残っているのかを客観的な観点から調べる必要があります。
弁護士などの法律の専門家に相談するのが一般的で、コストもそれほどかからないので長期的な安定のためにも安心して任せられます。

相続を放棄するという選択肢も重要なことがあります

祖父母や両親の遺産が合った場合、子どもや孫が相続することになりますが、それは価値があるものだけに限りません。
現金や株券、土地といった価値のあるものだけでなく、借金などの負債も相続することになるからです。
もちろん負債があれば、それを返していかなければならないのは相続者になりますから、これからの生活に影響を及ぼすことが考えられます。
価値のあるものとそうでないものが両方あり、それらを天秤にかけて、価値があるもののほうが多いといったときは相続するほうがお得です。
しかし負債のほうが多いという場合には、権利を放棄するという方法があります。
そうすれば負債を抱えることがありませんし、今までと同じような生活を続けることができるので安心です。
放棄することを決めたら、弁護士などに相談をして手続きを代行してもらうことをおすすめします。
自分でも手続きはできますが、専門用語も多く、揃えなければならない書類を役所に請求するなど手間がかかるので生活に支障をきたすことがあるからです。

相続に関わる資格について詳しく解説していきます

相続は人生の中で必ずといってよいほど必要となることなので、それに関する資格もいくつか存在します。
その中の1つが相続士です。
これは司法書士や弁護士などと連携を組んで、お客さんにアドバイスを行う仕事となっています。
受験料が32,400円となっていて、比較的少ない予算で取得できる点がメリットです。
遺言執行士という資格もあります。これは遺言書を書いた人の意思を実現するためのものであり、遺言に関することのみを担います。
オンラインで試験を受けることが出来るので手軽に取得可能です。
事業については事業承継士の管轄になります。
会社経営者が亡くなった場合などには事業承継士が仕事をします。受講料は30万円となっており、決して安いとは言えませんが大規模な案件を担当出来るようになります。
その他にも相続カウンセラーや相続知識検定マスターなどがあり、複数を併せ持つことによって活躍できる機会をどんどん増やしていくことが出来ます。

相続に関する無料相談を受ける方法とメリット

相続は、家族や親族の死後に発生する財産の分配の問題であるため悩んでいる人も多いのではないではないでしょうか。
法定相続人の確定、遺産分割協議、税の申告など、様々な手続きが必要です。
しかし、相続に関する知識や経験がないと、手続きが複雑で分かりにくいだけでなく、トラブルや紛争の原因にもなりかねません。
そこで、相続に関する無料相談を受けることが重要です。
相談を受ける方法は様々あり、専門の弁護士や税理士に相談する、専門コンサルタントやファイナンシャルプランナーに相談する、専用情報サイトや電話相談サービスに相談する等です。
専門の弁護士や税理士に相談する場合は、法律や税務の専門的な知識や経験を持ったプロフェッショナルからアドバイスを受けられますし、専門コンサルタントやファイナンシャルプランナーに相談する場合は、財産の評価や分配方法、生活設計などの観点からアドバイスを受けられます。
しかし、無料相談は初回限定であり、その後は有料となる場合が多いです。
専用情報サイトや電話相談サービスに相談する場合は、インターネットや電話を利用して気軽に相談でき、何度でも利用できる場合が多いですが、アドバイスは一般的なものであり、個別の事情に応じた対応はできません。
自分の状況や目的に合わせて、最適な方法を選択しましょう。

相続した不要な不動産を自治体に引取ってもらえるか

最近では負動産という言葉が認知されるようになった状況からもうかがい知れるように、実家の不動産などを引き継ぐことに消極的な向きが増えてきました。
すでに実家から遠く離れて生活の本拠を構えているのに、居住する予定のない実家や耕作する意向のない農地などは、負担感ばかりが意識されるようになってきたからです。
宅地や建物であれば、毎年の固定資産税や保守管理費用など、所有するだけで発生するコストがかかることも、相続することに消極的な理由です。
そこで不要な不動産の租税負担や管理責任からの解放を趣旨にして、自治体に寄付したい旨の要望を表明する方も少なくありません。
しかし相続財産のなかでも不動産は、自治体からすれば固定資産税という主要な歳入源になっており、寄付を申し立てても断られることが多いのが現実です。
相続を契機に所有することになった不動産に対しては、今後は積極的に売買などの処分を検討することが要求されることになるとみられます。

「相続」と「自治体」:財産の移行と地方自治の関係

相続は、財産や資産が一代から次代へと受け継がれるプロセスです。しかし、相続には法的手続きや税金の問題が絡むことがあります。この点で、「自治体」が重要な役割を果たします。
それが意味するのは地方の行政組織で、市町村や都道府県がそれに該当します。市町村や都道府県は税や不動産登記などの手続きを担当します。税は、財産に課税され、その額は地域や法律によって異なります。したがって、地方の役所は税に関する法的事項に関する情報提供やアドバイスを行う役割を果たします。
また地方の役所は相続に関連するサービスや支援を提供することもあります。財産移転に際しては、財産の評価や遺産分割に関するアドバイスが必要となりますが、地方が提供する情報やサポートを受けることで、スムーズな移管手続きが可能となります。
遺族への財産移転は個人と地方社会との重要な接点を持っています。地方の役所が適切な情報提供とサポートを行うことで、財産移転に関わる問題を円滑に解決し、地域社会全体の発展に貢献しています。
したがって財産移転に関する法的手続きや税金についての理解と、地方自治体の支援を受けることは、財産の移行を円滑に進めるために重要です。

相続に関する無料講座を開いている法律事務所が沢山ある

自分が亡くなった後遺した財産を巡って家族の間で揉め事が発生するのではないかと危惧している人は多く、そういったことを防ぐために遺言書を遺して自分の意思を明らかにしておくケースが増えています。
また自分が一代で築いた財産をどのように処分するかはとても重要なことなので、最後の権利を行使するために遺言書を使って自分の考えを明らかにしておく人も多いです。
ただ遺言書は書き方を間違えたら無効になってしまうこともあるので十分に注意する必要がありますが、今では行政書士や司法書士などが相続問題の一分野として無料講座を開いて書き方を教えるケースが増えています。
相続の問題はとても深刻で遺言書のようなものがないと後々面倒なことになることもあるので、法律の専門家を中心として多くの人に有益な情報を伝えています。
このように今では遺言書の書き方について無料講座を開催している法律事務所が沢山あるので、このことで頭を悩ませている人は一度相談に乗ってもらった方が良いです。

相続を放棄することで全ての負債を無かったことにできる

相続を放棄することで、非相続人にとってのメリットになることはあります。一般的に、財産を持っている人が亡くなった場合には、それを必ず継承しなくてはならないと誤解をしている人も多いです。
しかし、借金が相続対象となる場合にはそのまま手続きを進めてしまうと、残された人たちが大きな負担を強いられることになります。
このような事態を避けるために、相続では放棄する手続きを行うことでこういった問題点を解決できるようにしています。
また、このような遺産に関連する問題がある場合には、無理に手続きをすると権利関係者同士で大きなトラブルが発展する可能性も存在します。そういった面倒な話し合いやトラブルに巻き込まれたくないと考えている人も多いので、あえて放棄の手続きをするという人は少なくありません。
当然ですが、こういった手続きをすれば税金に関連する催促もなくなりますのでそういった部分のメリットを感じて、あえてこの手続きをするという人は多い現状です。

相続をするには最初にやっておくことがあります

相続手続きを始める際には、まず最初に死亡診断書の入手をすることです。これは死因や死亡日時などの情報が含まれているのですが、診断書は病院や医療機関でもらうことができます。
そして故人が遺言書を作成している場合、その内容を把握して財産分割や遺産の処分に関する指示が記載されているか確認します。
財産の価値を把握し、これには不動産から銀行口座などがあり、また投資しているものがあれば資産となりえるものもありますし、個人資産なども重要です。
相続人を特定し遺産を受け取る権利を確認し、法律に基づいて定められているか確認をするのは、弁護士をつけるケースも少なくありません。相続税が適用される場合もあるので、その支払いを計画しなくてはいけないこともあります。
手続きを進めるためには申告書を準備し税務当局に提出することや、これには財産の詳細情報や相続人の情報も必要なのも理解することです。細かな法律を知ることで、違った形に手続きをするのも検討できます。

登記義務化で変わる相続後の対応と税金対策

土地や建物などの不動産の相続が発生した場合、何らかの事情から登記をしないケースがありましたが、現在では法改正により登記義務化となりました。
相続があることを知ってから登記を行わなかった場合、罰金刑など厳しい過料が求められています。
かつては相続した不動産を更地にした場合、固定資産税が節税できることから放置することがあり、老朽化した建物や手入れをしていない庭などが周囲の住人に影響を与えるのが問題になっていました。
そこで陶器義務化が施行されることで、手入れをしたり老朽化した建物を撤去して更地にして安全な状態にした方が、トータルでお得になる形で土地の利活用を促すと言う目的もありました。
そうはいっても手入れや更地にするための費用や、その後の固定資産税が負担となるのも問題になることがあります。
この場合は売却をして現金化したり、相続放棄をする道も残されています。
いずれのケースにおいても不動産事業者や弁護士など専門家に相談するのがおすすめです。

相続は一身専属の権利など一部の例外を除いたすべてが対象

相続は包括的に承継するものなので、死亡した人に属していたもの全てが対象になるのが原則です。
不動産をはじめ、現金や有価証券などの動産もすべて含み、負の財産である借金なども引き継ぐことになります。
但し、一部例外があり契約によって相続を排除している場合や、一身専属の権利は対象になりません。
契約上の制限はゴルフ会員権などによく見られます。
会員になるための条件が厳しく定められているようなゴルフ場は、会員個人に対して与えた権利であって相続によって承継できない旨の規約をもっている場合があります。
一身専属の権利は、承継しても本来の目的を達成できないタイプの権利です。
例えば、医師が死亡した際にその子供が医師免許を引き継ぐことはできません。
医師であることの条件を満たしているのは死亡した被相続人なので、子供が免許だけを引き継いでも医師としての仕事はできないからです。
負の財産も同様で、懲役などの刑罰を受ける義務も引き継がれることはありません。

相続で負債を負ってしまうケースがあるため注意

相続と言うと財産を得ることができるものと考えることが多いのですが、実際には負の遺産の相続と言うこともあります。
親が借金を抱えていたり、その他の様々な負債を抱えていた場合には、これも負の財産と考えられ対象者に引き継がれることになります。
これを避けるためには、相続放棄等の手続きを行いこれらを引き継がないようにすることが必要です。
財産がある場合でも。結果的に負債を抱えてしまうことがあるので注意が必要です。
不動産の場合には相続税が発生するため、現金を手にすることができなくても税金を支払う必要が発生し、その不動産の価格や状況によっては非常に高額になってしまうことも少なくありません。
このようなことのないようにするためには、事前にその内容を十分に精査し、税金の内容や金額なども事前に確認しておくことが大切です。
不動産の場合には事前に売却をし、現金化しておくことも1つの方法となっており、様々なトラブルを避けるためにも重要なものとなっています。

相続に関して不安やトラブルがあったらまずは無料相談を利用しましょう

家族がいる人であれば、誰でも相続について不安を感じたりトラブルが起こりうることがあります。
特に財産があればあるほど、人間関係のトラブルを起こしやすくなるので、そんな時は冷静に法律で解決をすることが大事です。
ただ普通に生活をしていると法律に接することは多くありませんし、トラブルが起こって裁判になるという話を聞くと自分には関係ないことだと考えがちです。
それは法律に関しての知識がないことが理由ですが、相続問題が起こったら、わからないからといって避けるわけにはいきません。
もちろんいきなり弁護士に相談をするということもハードルが高いので、そんな時は自治体などが不定期で開催をしている無料相談を利用することをおすすめします。
無料相談であれば利用しやすいですし、自治体などでは法テラスを開催することを推奨しているところも多いので、気軽に参加しやすいことが魅力です。
相談をして弁護士に正式に依頼をするときは費用がかかりますが、まずは事前に相談をしておくと安心感があります。

税金対策の遅れは相続でよくある失敗の1つ

相続のよくある失敗として問題になるのが、税金に関連するトラブルです。実際に、大きな財産を持っていた人が亡くなった場合その財産は残された人たちに対して分配されていきます。
ただ、実際に分配されたお金はそのまま受け取ることができるというわけではありません。
受け取った金額に対してきちんと税金がかけられることになるからです。この財産というのは、あくまでも現金だけに限定しているわけではなく不動産などの現金に相当するようなものも全て含まれます。
そして、相続税に関連する申告期限というのはきちんと法律的にも決められていますので、その範囲内で手続きを進めていかなくてはいけません。
非相続人の死亡を知った日から10ヶ月以内にまずは申告をしなくてはいけないので、この期限が過ぎると延滞税などのペナルティーが課せられます。
ですから、相続のよくある失敗をしないようにするためにもまずは税金対策をしっかりと進めておくことが大切です。

贈与を利用することで相続の生前の現金化は難しくない

生前の現金化は、相続とは異なった別の法律的な手段を用いることで簡単に実現できます。具体的には、贈与という形で進めていくことが普通です。
一般的に、普通の相続を行うと残された家族に対して迷惑をかけてしまう可能性も存在します。例えば、税金が多く取られてしまうという問題点です。
確かに、残された財産を継承するとそれだけ抱える現金や財産上の価値のあるものは手元に置いておくことは可能です。
ただ、その分だけ税金を支払わなくてはならないので結果的に大きな損失につながる可能性も否定できません。こうした状況を改善するためには、生前に贈与という形で非課税の対象となるように対応を行う手段が存在します。
現実的に、1年間で限定的ではありますが金額の上限までは非課税にすることができるので、これを用いることによって非常に効率的に生前に現金化することができます。
もちろん、一定以上の現金になるとそこでも税金が必要になってしまうのでその点だけは注意をしておかなくてはいけません。

相続における遺産分割協議の適切な進め方と注意点

相続は家族にとって避けて通れない道であり、故人が残した財産を遺族間で公平に分ける遺産分割協議はその重要な一歩です。
この協議を円滑に進めることで、遺族間のトラブルを防ぎ、後の人生に影響を及ぼさないようにすることが重要です。
進め方にあたってはまず、故人の遺言の有無を確認します。
遺言がある場合は、その内容に基づいて分割が行われることが一般的ですが、遺言に不備があったり、遺言自体が存在しない場合は遺族間で話し合うことになります。
そこで大切なのが、遺産分割協議においては相続人全員の合意が必要という点です。
話し合いが難航した際は、専門家に相談して適切なアドバイスを求めることも一つの手段です。
また税務上の問題も発生するため、相続税についても注意が必要です。
どのように相続を進めるかは、その家族の未来に大きく関わることですので、冷静かつ公平な視点で協議にあたることが求められるのです。

相続において何が理由で相続放棄ができないのかの具体例を探る

相続は法によって定められた手続きを透過し、故人の財産が遺族に受け継がれるプロセスです。
しかし、相続人が相続することで借金などの負債を背負うことになるケースも少なくありません。
そのような場合、相続放棄を選択できますが、これには期限があり、家庭裁判所に申立てを行わなければならないのです。
ところが、相続放棄が認められない事例もあります。
例えば、相続財産をある程度使ってしまった後では、放棄をすることができません。
これは、法律が相続した財産の一部を利用したとみなす行為、いわゆる「単純承認」をしたと解釈するためです。
また、相続放棄を申し立てる期間は相続開始を知った時から3か月以内に行わなければなりません。
この期限を過ぎた場合も、相続放棄はできないとされています。
さらに、故意に隠蔽や延滞、または詐欺的な行為で相続放棄の権利を放棄したと判断される事例では、相続放棄を行うことができません。
相続放棄にはさまざまなルールが存在し、それを知らずに適切な処理ができない場合があります。
相続が発生した場合には、早期に専門家への相談をお勧めします。

相続について相談する

相続に関して詳しく紹介しているサイトです。

相続 手続き 代行